豊平神社 (札幌市)
【所在地】
〒062-0904 
札幌市豊平区豊平4条13丁目1番18号

電話 011-811-1049
FAX 011-814-4524

【例祭日】
7月15日
【祭神】
上毛野田道命(かみつけのたみちのみこと)
大山祇神(おおやまつみのかみ)
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 60坪
【境内面積】 1,500坪
【氏子世帯数】 5,000世帯
【崇敬者数】 30,000人
【交通機関】 中央バスNTT豊平営業所より徒歩3分、地下鉄豊平公園駅より8分
【由緒】
 主祭神上毛野田道命は、崇神天皇の皇子豊城入彦命より5代目の子孫にして東北地方の守護神として厚く崇敬せられ、特に延暦年間征夷大将軍坂上田村麻呂が奥羽地方平定に向かわれた時、田道命の神霊の御加護によりてこれを平定することができ、後に今の青森県南津軽郡猿賀山に神霊を勧請して社殿を建立したもので、猿賀神社は当神社の本社に当たる。当地域は東北地方移住者多く、それゆえに故郷の氏神様をお祀りしたものである。さらに当豊平地区は開墾の途上で森林遠く連なり、これが伐採に大山祇神を祀り、開墾進み沃野美田の広がり行くにつれて倉稲魂神(稲荷大神)を合祀して豊平地区の氏神様として奉斎され現在に至った。
 
【社宝等】
保存樹林(ハルニレ 樹齢200年) 
【特殊神事】

【境内外末社】




北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。