信濃神社 (札幌市)
【所在地】
〒004-0054 
札幌市厚別区厚別中央4条3丁目3番3号

電話 011-892-3085
FAX 011-892-5663

【例祭日】
9月15日
【祭神】
建御名方富命(たけみなかたとみのみこと)
八坂刀売命(やさかとめのみこと)
上毛野君田道命(かみつけのきみたみちのみこと)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 86.5坪(285.5u)
【境内面積】 2,030坪(5,700u)
【氏子世帯数】 20,000世帯
【崇敬者数】 2,000人
【交通機関】 JR厚別駅より徒歩5分、地下鉄新札幌駅より徒歩20分位
【由緒】
 明治14年長野県上諏訪より、河西由造が30戸の入植者と共に厚別中央、西部、川下で開墾に励んだ。明治15年諏訪大社より御分霊を奉戴し、心の拠所として、初めは小さな祠を建てて祀っていたが、明治30年、河西、世話人達によって、堂々たる御社が創建された。昭和53年80余年の星霜を経て、老朽化が進み、同9月、現御社殿が竣工した。旧社殿は教化育成などに役立つ事を念願し、北海道開拓の村に保存されている。昭和19年単立社旭町神社の御祭神が、地域の氏子達の依頼により、信濃神社に合祀せられた。又、御鎮座90年の佳節の記念として昭和63年5月氏子30名と共に、長野県諏訪大社より、御祭神、建御名方富命の妃神、八坂刀売命の御分霊を奉戴し、夫婦神共々に仰ぎ奉り、殖産の道に、氏子繁栄に、心のよるべとしてお祀りした。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
上毛野君田道命 旧旭町神社 明治22年創祀 昭和19年8月15日合祀
 
【社宝等】
神社境内は、信濃小学校前庭及び信濃公園に隣接し、春は桜、秋は紅葉が美しく、野鳥も多く飛来してくる。昭和55年、札幌市保存樹林地に指定された。 
【特殊神事】

【境内外末社】
牛頭天王社(ごづてんのうしゃ) 素盞嗚命(すさのおのみこと)

【E-mail】
sinano@muse.ocn.ne.jp



北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。