野幌神社 (江別市)
【所在地】
〒069-0832 
江別市西野幌155番地


【例祭日】
9月1日
【祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
大国主之大神(おおくにぬしのおおかみ)
伊夜日子大神(いやひこのおおかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 42.5坪(140.4u)
【境内面積】 2,050坪(6,765u)
【氏子世帯数】 230世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR野幌駅よりJRバス北広島・恵庭行き、下学田下車3分
【由緒】
 明治23年5月北越殖民社の移民518名が新潟県より入植し、翌24年入植地の中央に位置する現在地を神社地と定め、神標を建て「降神之処」と記し、御祭神として天照皇大神を始め大国主大神、郷土新潟の産土神伊夜日子大神を奉祀し、北越殖民社社長関矢孫左衛門が斎主となり、郷土の鎮守神社「野幌神社」として神護を祈る。明治28年4月本殿・拝殿を建設、明治30年野幌神社創立願を提出し、明治35年無格社「野幌神社」に指定される。明治32年社務所、明治36年神楽殿建設、昭和3年現社殿竣功。昭和4年10月25日村社に列せられる。昭和27年宗教法人登記、平成元年御鎮座百年記念奉祝祭を斎行。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】
社日神社 天地五神
文京台神社 天照皇大神

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。