花畔神社 (石狩市)
【所在地】
〒061-3218 
石狩市花畔村573番地72

【例祭日】
9月15日
【祭神】
金刀比羅之大神(ことひらのおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
大国魂神(おおくにたまのかみ)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 18坪(58.3u)
【境内面積】 887坪(2,926u)
【氏子世帯数】 2,000世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 
【由緒】
 明治5年花畔村に入植した南部団体の人達により花畔北8線に小祠を建立し、花畔村金刀比羅神社と称したのが始まりである。明治27年8月に花畔村北8線2番に遷座し花畔神社と改称する。その後昭和46年石狩湾新港開発計画により花畔北11線に移転すると共に相馬妙見太田神社、花畔瑞穂神社を合併・合祀し、今に至る。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
相馬妙見太田神社 天御中主神 昭和46年合祀・花畔瑞穂神社 昭和46年合祀
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。