浜益神社 (石狩市)
【所在地】
〒073-1401 
石狩市浜益区浜益227番地

【例祭日】
7月15日
【祭神】
保食神(うけもちのかみ)
市岐島姫命(いちきしまひめのみこと)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 34.6坪
【境内面積】 726坪
【氏子世帯数】 400世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 
【由緒】
 浜益村茂生に建立された稲荷神社は天保年間には現在の浜益高校校庭にあった。明治8年に開拓使はこの社を郷社に昇格させ浜益神社と称し、例祭日を7月15日と定める。例祭日は村民一般の休日となり御神輿は北は雄冬、南は濃昼まで海上渡御を行い氏子は海浜に迎え現在も参拝している。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。