千歳神社 (千歳市)
【所在地】
〒066-0046 
千歳市真町1番地

電話 0123-23-2542
FAX 0123-24-7743

【例祭日】
9月2日
【祭神】
豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)
伊智伎志摩比売命(いちきしまひめのみこと)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 93.3坪(307.9u)
【境内面積】 7,018.7坪(23,161.71u)
【氏子世帯数】 30,000世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR千歳駅より車で5分、新千歳空港より車で10分
【由緒】
 松前藩資料福山秘府によると、「弁財天小社東夷地、志古津、万治元戌造営、同3年神体ヲ安置」とあり、万治元年(1658)に弁天堂が建立され、享和3年(1803)に樺太南部探険に功績のあった勇払詰所役人高橋治太夫が、思古津場所の守護神として、京都伏見から正一位思古津稲荷大明神を奉斎し、文化2年(1805)に思古津場所の鮭漁が栄んになるに従って、さらに弁財天が勧請された。この文化2年に奉られた弁財天の御厨子の裏に、箱館奉行羽太正養により「死骨」(シコツ)から「千歳」と改称された由来が書かれ、この地を千歳と改め、明治8年主祭神を豊受姫大神とし、同年郷社に列し、大正6年稲荷社を千歳神社と改称して、昭和51年現社殿を造営し、今日に至っている。
 
【社宝等】
弁財天厨子(市指定・文化2年製作)
その他 市指定保存樹林(境内の森林) 
【特殊神事】

【境内外末社】
鹿島香取神社 武甕槌神 経津主神
 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。