烈々布神社 (札幌市)
【所在地】
〒007-0842 
札幌市東区北42条東10丁目1番地

電話 011-711-9773 
【例祭日】
9月15日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
大穴牟遲神(おおなむちのかみ)
倉稲魂神(うがのみたまのかみ)
埴安姫神(はにやすひめのかみ)
誉田別尊(ほんたわけのみこと)
崇徳天皇(すとくてんのう)
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
藤原三吉命(ふじわらのみよしのみこと)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 45坪
【境内面積】 975.4坪(3,219u)
【氏子世帯数】 10,500世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 中央バス(航空管制センター行)栄小学校前下車徒歩1分、地下鉄東豊線栄町駅下車徒歩5分
【由緒】
 明治22年11月9日、天照皇大神を斎き奉る小祠を建立し、村名を冠して烈々布神社と称したと言われる。明治26年、横山久太郎が発起人となり、村内の2ヶ所に祀られている小社を合祀する旨協議がなされ、同年9月、札幌区(当時)鎮座、三吉神社の祭神、大穴牟遲神、少彦名神、藤原三吉命3柱の御分祀を受け、新社殿を造営した。昭和28年2月、宗教法人の認証を受ける。昭和63年社殿改築工事に着工、平成元年7月現社殿、社務所竣工し、8月正遷座祭を執り行う。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。