石山神社 (札幌市)
【所在地】
〒005-0849 
札幌市南区石山2条3丁目254番地

電話 011-591-1577
FAX 011-591-1579

【例祭日】
9月8日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 20坪(66u)
【境内面積】 780坪(2,574u)
【氏子世帯数】 3,000世帯
【崇敬者数】 4,000人
【交通機関】 
【由緒】
 当地域は札幌軟石の産地で先住の人を始め内地より採石並に加工の職人が移住し、それぞれ故郷の氏神や職業守護の神を信奉して、その地区ごとに石碑を建てて祀っていた。
明治18年に石山神社として設立しその主なる祭神は、天照大御神、大山祇神、豊受姫神、八幡大神、春日大神等で明治43年現在地に社殿を建立し、祭典を行ってきたが、町の発展と共に宗教法人に致すべく神社明細書作製に当り設立者並びに世話人の協議の上祭神を天照大御神1柱とし其の他の祭神は従来の石文をもって社殿側面に奉斎する。
現在の社殿は、昭和2年に(総工費2000円)をもって完成現在に至る。
尚、平成18年より南区初の神職常駐となる。

 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。