輪厚神社 (北広島市)
【所在地】
〒061-1264 
北広島市輪厚115番地

【例祭日】
9月21日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
八幡大神(はちまんのおおかみ)
大國主神(おおくにぬしのかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 18坪(59.6u)
【境内面積】 1,475坪(4,869u)
【氏子世帯数】 3,000世帯
【崇敬者数】 800人
【交通機関】 中央バス輪厚ゴルフ場前下車徒歩8分
【由緒】
 明治36年3月、野島源一郎他数戸して現在の国道36号線沿い(通称野島の坂)に入植し、輪厚2番地に小祠を建て大國主の大神を奉斎した。その後開拓が進むと共に、戸数も増加し、同地区にある奥輪厚神社・上仁井別神社の老朽甚だしきを以て1社への統合を氏子に相談し合祀をする。更には千歳・恵庭方面の開拓著しく進展するにより、輪厚国道周辺の人口急増に伴い、輪厚神社及び入植地神社を合祀するに決し、大正9年4地区氏子に諮り現在の上輪厚77番地に社殿造営をし、神社名を輪厚神社とした。昭和3年には社殿等の老朽甚だしきを以て、新社殿造営を決し、発起人・世話人等の篤志寄付により現在地に社殿を造営し、更には社殿築後40数年を経て老朽化甚だしきを以て、昭和50年社殿造営をし今日に至っている。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。