星置神社 (札幌市)
【所在地】
〒006-0050 
札幌市手稲区星置南1丁目8番地1

電話011-685-6770
FAX 011-688-6792

【例祭日】
9月23日(秋分の日)
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊受大神(とようけおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 20坪
【境内面積】 744坪(2,454u)
【氏子世帯数】 4,300世帯
【崇敬者数】 200人
【交通機関】 JRバス 星置橋バス停より徒歩1分
【由緒】
明治17年広島県佐伯郡より16戸の入植があり星置の開拓が始まった。その後、山口県・富山県・青森県からの移住により村落を形成、移住者達は苦楽を分かち合う心の拠り所として、明治20年星置153番地(現在の星置1条7丁目18)に木造の小祠を建立、郷里より奉持した御祭神を奉斎し村落の安泰と発展を祈願した。
 明治45年(大正元年)現在の神社境内地、星置17番地2(現在の星置南1丁目8−1)を得て、翌年に星置開村30周年記念碑と共に軟石造りの小社を建立し、神霊を移遷した。
 昭和48年現在の社殿が御造営された。その後、昭和50年社務所御造営、昭和61年には社務所増築が行われた。
 そして平成十年東参道の造成、翌年には上下水道敷設をはじめとする境内整備が行われた。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。