豊畑神社 (札幌市)
【所在地】
〒007-0820 
札幌市東区東雁来町361番地1

【例祭日】
9月5日
【祭神】
倉稲魂神(うがのみたまのかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 10坪(33u)
【境内面積】 621坪(2,050u)
【氏子世帯数】 125世帯
【崇敬者数】 200人
【交通機関】 
【由緒】
 大正の初期、この地に入植して農業を営んだ百瀬知寿人始め、16人の人達が五穀豊穣の守護神である稲荷大神を氏神に奉斎することを願い、元札幌神社野村茂神官の祭祀により神名を刻んだ角材を立て、お参りしたのが始まりである。その後、昭和2年境内地が定められ社殿も住民一丸となって奉仕建立されて、伏見の里に坐す現在の伏見稲荷社の分霊を奉斎して、豊畑神社を創立、昭和59年宗教法人となる。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。