柏木神社 (恵庭市)
【所在地】
〒061-1423 
恵庭市柏木町551番地

【例祭日】
9月15日
【祭神】
天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)

【旧社格】

【社殿様式】 流造
【社殿面積】 
【境内面積】 
【氏子世帯数】
【崇敬者数】 
【交通機関】 国道36号線沿い、JR恵みの駅下車徒歩約15分
【由緒】
 明治41年11月3日札幌市平岸鎮座相馬神社の分霊を勧進し、地域農業の守護神として千歳郡恵庭村島村字柏木545番地に鎮座。明治42年9月10日社殿10坪造営。明治45年3月15日川上甚松氏が境内地440坪を寄贈し、平岸相馬神社の遙拝所として創立登記す。昭和11年社務所兼公会堂(26坪)を設置。昭和47年柏木神社に改名。昭和52年鉄管鳥居設置。昭和57年老朽化の為、社務所兼公会堂を取り壊し、恵庭市の地域会館兼社務所を設置。平成6年10月21日札幌平岸相馬神社より独立し、宗教法人格を取得。
平成11年11月25日神社本庁所属神社成立。平成12年5月29日相馬神社より境内地及び建物の所有権譲渡成立す。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。