豊滝神社 (札幌市)
【所在地】
〒061-2273
札幌市南区豊滝501番地2

【例祭日】
9月12日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおみかみ)
大山祇神(おおやまつみのかみ)

【旧社格】

なし
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 29.75u
【境内面積】 443.51坪(1466.15u)
【氏子世帯数】約280世帯
【崇敬者数】 約700名
【交通機関】 じょうてつバス「豊滝小学校前」徒歩約10分
【由緒】
 豊滝地区は明治の後半に北大演習林所有地の開拓が始まり、現在の果樹園・畑作・稲作の多角経営となり、明治41年9月天照大神、大山祇神を祀ったのが始まりである。昭和31年・昭和55年の2度に亘り修復改築が行われ、平成8年に入り国道拡幅に伴い移転を余儀なくされ、8月31日奉祝祭を行い現在の地に鎮座しました。

 
【社宝等】
なし 
【特殊神事】
なし
【境内外末社】
なし
 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。