札幌藤野神社 (札幌市)
【所在地】
〒061-2282
札幌市南区藤野2条10丁目12番25号

【例祭日】
秋分の日
【祭神】
大國魂神(おおくにたまのかみ)
大那牟遅神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
明治天皇(めいじてんのう)

【旧社格】

なし
【社殿様式】 入母屋造
【社殿面積】 25.67u
【境内面積】 511.85坪(1692.08u)
【氏子世帯数】南区藤野地区15町内会 約5,000世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR札幌駅より地下鉄南北線終点真駒内駅下車 
真駒内バスターミナル(じょうてつ定山渓線)「下藤野神社前」下車徒歩1分
【由緒】
 昭和30年代に入り急速に宅地開発が進んだ野々沢部落の人々により、昭和36年9月、既にあった馬頭観世音碑の隣に「下藤野神社」と書かれた木の標柱が建てられ、馬頭観世音祭に合わせ神事が行われた。昭和47年に同地区の含笑寺観音堂建て替え時の古材を利用し、部落民の労力奉仕で社殿が完成。同年9月23日、北海道神宮の御祭神を祀った。昭和48年8月に「有志のみでの神社運営は困難である」との意見により、各単町選出者を委員とした「下藤野神社管理運営委員会」を発足。昭和49年に運営委員会は総代制を取り入れ「下藤野神社奉賛会」と改称。同年9月に社務所造営。昭和51年8月、「下藤野」という地名はないことと、藤野沢地区に「藤野神社」が存在したことから、神社名を「札幌藤野神社」に改称した。昭和52年9月大鳥居献納(藤本繕三氏)、同年12月本殿新築・拝殿内部造営。昭和54年4月社務所造営(旧社務所は神輿庫として移設)。昭和55年8月第二鳥居建設。昭和63年12月大鳥居(第一鳥居)を造り換える。平成4年9月創立20年事業として社号標建立。平成6年9月手水舎完成。平成9年9月社務所を新築、また本殿横に斎館を新築。平成20年9月法人格取得・第一鳥居改築。平成24年9月宮司・代表役員に北海道神宮宮司吉田源彦が兼務宮司として就任。平成25年11月神社本庁の被包括法人となる。


 
【境内】
馬頭観音碑(大正14年建立)
藤野開基百年記念碑(昭和58年建立)
【特殊神事】
なし
【境内外末社】
なし
 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。