湯倉神社 (函館市)
【所在地】
〒042-0932 
函館市湯川町2丁目28番地1

電話 0138-57-8282
FAX 0138-57-7812

【例祭日】
9月8日
【祭神】
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 40坪
【境内面積】 2,500坪
【氏子世帯数】 5,000世帯
【崇敬者数】 30,000人
【交通機関】 市電終点湯ノ川駅下車、市バス・函館バス終点湯倉神社下車
【由緒】
 元和3年創祀と伝う。承応2年松前藩主氏広の嗣子第9代の藩主高広が幼時(千勝丸)重い病になり、母清涼院が霊夢に信託を得て、神社境内地に湧出していた温泉に入浴させたところ全癒したので、報賽のため承応3年社殿を造営し、黄金の薬師像1体・唐金造りの鰐口・その他を奉納した。明治9年村社に列せられ、同43年5月21日同村の無格社湯澤神社および同年7月31日同村の村社稲荷神社を合祀した。大正4年9月21日、神饌幣帛料供進神社に指定される。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
湯澤神社 明治43年5月21日合祀
稲荷神社 倉稲魂命 明治43年7月31日合祀
 
【社宝等】
松前千勝丸薬師如来像(少彦名神)(承応3年)
奉納鰐口 (承応3年)
その他 イチイ、黒松、イタヤ、ヒバ(指定樹木) 
【特殊神事】
松前神楽
湯川太鼓
奴行列
【境内外末社】
稲荷神社(いなりじんじゃ) 倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。