住三吉神社 (函館市)
【所在地】
〒040-0045 
函館市住吉町1番7号

電話 0138-22-2608 
【例祭日】
9月17日
【祭神】
上筒之男大神(かみつつのおのおおかみ)
中筒之男大神(なかつつのおのおおかみ)
底筒之男大神(そこつつのおのおおかみ)
息長足姫大神(おきながたらしひめのおおかみ)
大名持大神(おほなもちのおおかみ)
少彦名大神(すくなひこなのおおかみ)
三吉大神(みよしのおおかみ)
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
倉稲魂大神(うがのみたまのおおかみ)
事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのおおかみ)
神産巣日神(かみむすひのおおかみ)
倭比売命(やまとひめのみこと)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 718.7坪
【境内面積】 
【氏子世帯数】 350世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 
【由緒】
 創立年代未詳。口碑によれば、鎌倉時代とされている。安永年間に再建されている。享和、文化年間の箱館奉行、戸川筑前守安倫・羽太安芸守正養が外冦退散開彊綏北を祈願し、享和3年春に石灯籠を奉納した(昭和9年3月の大火災で破損し僅かに片影を留めている)。明治8年、村社に列せられ、同37年12月に社殿を改築した。昭和9年3月、大火の為に社殿が類焼し三吉神社跡地に仮殿を建立、三吉神社を合併合祀の上で神社跡地に移転、昭和10年5月11日、社名を住三吉神社と改称した。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
稲荷神社 明治7年合祀
海幸神社 明治7年合祀
三吉神社 三吉大神 昭和9年合祀
 
【社宝等】
 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。