大森稲荷神社 (函館市)
【所在地】
〒040-0034 
函館市大森町22番6号

電話 0138-22-2637
FAX 0138-22-2641

【例祭日】
9月10日
【祭神】
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 53坪
【境内面積】 506坪
【氏子世帯数】 3,000世帯
【崇敬者数】 1,500人
【交通機関】 JR函館駅より徒歩10分
【由緒】
 創祀年は函舘の累次の大火で不詳であるが、「弘化三年再建」(1846)の棟札があること、又寛文9年(1669)に「大森」の名が地図上に見えることから推して凡そ350年位前と推定される。明治7年旧社地(現大森町8-3)に再営。明治40年の大火に類焼後、同43年現在地に移転する。それまでは大森浜に面して祀られていたが、この時より街方に向って祀られた。昭和9年の大火にも類焼、同12年社殿、社務所、鳥居、手水舎、玉垣等を再営する。現在の2の鳥居、狛犬はそれ以前からのものである。昭和45年木原崇雲の寄進により、これまでの神明造り総桧社殿を矢不来天満宮に委譲し、不燃の朱塗流れ造り社殿を再営した。翌46年社務所を再建、61年には境内地(105坪)を拡張、その境に朱塗石玉垣を建立する。境内には木原崇雲顕彰碑と料理の上達、庖丁への感謝を表わす庖丁塚が建立されている。附属団体として大森稲荷神社奉賛会、大森稲荷神社敬神婦人会がある。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】
松前神楽(例祭、初午祭に奉奏)
【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。