白符大神宮 (福島町)
【所在地】
〒049-1301 
松前郡福島町字白符544番地

【例祭日】
7月15日
【祭神】
天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 28坪
【境内面積】 878坪
【氏子世帯数】 130世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 函館よりJR海峡線木古内駅下車、函館バス乗継、白符下車徒歩5分
【由緒】
 寛文6年松前藩松前美作守景広建立する。旧藩松前岩松直筆の額並に御附幕1張奉納あり。年中神事料として旧藩松前熊五郎廣昭より廩米4斗81俵と金1両年々賜り、嘉永3年に至りて廃せられ、村社列格後祭典修繕等白符村中にてこれを行う。昭和17年1月2日拝殿焼失し、同年10月15日神明造にて新築落成する。旧社格神明社は、明治9年10月、白符大神宮と改められ、村社に列せられた。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
恵比須神社 事代主神 享保2年合祀・熱田神社 日本武尊 明治4年合祀・鹿島神社 武甕槌神・稲荷神社 宇迦廼御魂神 宝暦8年創祀 大正4年合祀・荒神神社 素戔嗚尊 享保元年創祀 大正5年合祀
宇迦廼御魂神・素戔嗚尊
 
【社宝等】
樹齢約500年の桧は、開道百年記念の時、北海道の名木に選定された。 
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。