丸山神社 (北斗市)
【所在地】
〒049-0282 
北斗市当別2丁目1番1号

電話 0138-75-2033
【例祭日】
9月23日
【祭神】
級津比古神(しなつひこのかみ)
級津比賣神(しなつひめのかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造(本殿) 平屋造(拝殿)
【社殿面積】 30坪
【境内面積】 804坪(2,664u)
【氏子世帯数】 170世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR江差線渡島当別駅下車
【由緒】
 寛政6年(1794)創立と伝う。蝦夷地航路開き北前船の往来が盛んになった頃より江差松前、箱館の往来も盛んになったため、凪待ち(風待つとも云う)舟が当別の舟澗にも入る様になり、船の航路の標識となったのは背後の丸山であった。よって丸山山頂に神祠を建て祀ったと伝えられる。本州江差松前箱館への往来がはげしくなり当別の港は風待ちの舟で賑わった。(今でも海岸線の舟澗に和船の大イカリが沈んでいるのが沢山ある) 舟出の順風を祈願して崇敬したと伝えられる。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
川下社神社 速秋津姫神 元禄10年創祀 明治11年合祀
若穂稲荷神社 倉稲魂命 文化2年9月17日創祀 明治11年合祀
 
【社宝等】
 
【特殊神事】
松前神楽
【境内外末社】
恵美須神社
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。