比遅里神社 (函館市)
【所在地】
〒041-0801 
函館市桔梗町201番地

電話 0138-41-5467 
【例祭日】
9月3日
【祭神】
聖徳太子(しょうとくたいし)
素盞嗚命(すさのおのみこと)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 11坪
【境内面積】 310坪
【氏子世帯数】 600世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR五稜郭駅下車、車で10分
【由緒】
 創立年代不詳なるも往昔住民が小祠を建立し祀りたるを安政5年(戌午)年5月当時の本村移住者(多くは加能越地方の人々)の崇敬していた祭神聖徳太子を祀り社殿を再建する。明治9年村社に列せられる。社殿は初め同字24番地に建設したが、同地が鉄道敷地になり、明治34年現在地に改築奉遷する。大正4年神饌幣帛料供進神社に指定される。
 
【社宝等】
境内の赤松林 
【特殊神事】

【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。