川濯神社 (函館市)
【所在地】
〒041-0262 
函館市古川町237番地

電話 0138-58-2044 
【例祭日】
8月18日
【祭神】
木花咲夜姫命(このはなさくやひめのみこと)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 34.5坪(113.8u)
【境内面積】 324坪
【氏子世帯数】 263世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR函館駅より函館バスで約50分、古川町下車徒歩5分
【由緒】
 往古漁村として1小集落に過ぎず、漁期の時だけ漁民の去来するのが常だったので、その開村も余り古くなく、第117代後櫻町天皇の御代明和元年(1764)の創祀で、今を去る232年前1里余離れた山中の観音林の樹下に小祠を建立して奉祀したもので、爾来漁民の移住するもの増加するに至り、明治初年に現在の地に移遷して社殿を改築し、明治45年更に社殿を改築遷座する。明治9年村社に列す。現在の社殿は、平成3年8月氏子崇敬者の総意を結集、御大典記念奉祝事業として改築した。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】
松前神楽(祈年祭、例祭奉奏)
【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。