厳島神社 (函館市)
【所在地】
〒041-1613 
函館市臼尻町151番地

【例祭日】
7月7日
【祭神】
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 31坪
【境内面積】 611坪
【氏子世帯数】 350世帯
【崇敬者数】 30人
【交通機関】 函館バス臼尻停留所下車徒歩3分
【由緒】
 当村は享保年間より渡来してくる人々が増加し宝暦3年4月村民協議の上安芸国宮島の厳島神社の御分霊を字辨天島に奉斎したことに始まる。明治9年村社に列せられる。同27年11月21日社殿を改築、大正12年6月14日神饌幣帛料供進神社に指定され、昭和11年11月5日に境内地増加の件を出願し許可を得る。同15年には社殿を改築し現在に至る。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】
松前神楽
【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。