神山稲荷神社 (函館市)
【所在地】
〒041-0832 
函館市神山3丁目18番1号

電話 0138-41-5467 
【例祭日】
8月23日
【祭神】
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 30坪
【境内面積】 1,973坪
【氏子世帯数】 120世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR五稜郭駅下車、車で15分
【由緒】
 寛政8年旧9月創祀、貞享3年佐々木佐四郎の祖、陸奥国七戸の住人佐四郎法国、蝦夷地に移住の時故郷より御神体を奉持し来て上の山(神山村)に小祠を建立する。元禄5年上の山地区は次第に人口が多くなり、佐四郎村民に議り、上の山村の鎮守の神として祀る。寛政8年旧暦9月、亀田八幡宮社司藤山和泉正季房、上の山地区に社殿を建立する。その後村民で産土神として祀って来たが、人口減少で同村鍛治稲荷神社に明治45年合祀されるが、戦後人口増になり、昭和42年宗教法人設立、元の通り産土神となる。
 
【社宝等】
鳥居(元治2年) 
【特殊神事】
松前神楽
【境内外末社】

 
北海道神社庁 公式ホームページ
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho

本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。