弁天神社 (松前町)
【所在地】
〒049-1502 
松前郡松前町字弁天214番地2

電話 01394-3-2252 
【例祭日】
7月20日
【祭神】
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
素盞嗚命(すさのおのみこと)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
【旧社格】
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 40坪
【境内面積】 122坪
【氏子世帯数】 190世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR津軽海峡線木古内駅下車、函館バスにて建石下車徒歩10分
【由緒】
 天明2年(1782)の創建で当時は松前郡福山総社堂町字立石野鎮座の海光稲荷神社と称し、社殿の間口2間、奥行2間4尺ほどの規模であった。同町の住人で漁業を営む高木四郎治なる者が京都伏見稲荷より御分霊を戴き自宅に奉斎していたという。この神社に明治初年、創立年代不詳で宝永元年9月再建の素盞嗚命を祀る神社を火災で焼失したため合祀し、また永正12年(1515)創建で慶応4年の箱館戦争の兵火に罹り焼失、弁天島に小祠を建立し移転するが灯台建設のため再度移転を余儀なくされた市杵島姫命を祀る神社の以上2社を合併合祀して建立した。
 
【社宝等】
 
【特殊神事】
毎年、例祭に松前神楽を奏上し、神楽の普及に努めている。
【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。