若松神社 (せたな町)
【所在地】
〒049-4752
久遠郡せたな町北桧山区若松611番地

電話 0137-87-3010(事比羅神社)
FAX 

【例祭日】
9月15日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 30坪
【境内面積】 500坪
【氏子世帯数】 160世帯
【崇敬者数】 20人
【交通機関】 JR長万部駅下車、駅前よりバスに乗車、北檜山町バスターミナル下車、久遠行きバス乗車、若松市街地下車、1時間45分
【由緒】
 当若松地区は、明治30年穴沢祐造ら7名の共同経営農場が開かれ移住民11戸から始まった。「日夜慰安なく終歳娯楽なし寔に本道開墾者の困難艱苦は蓋し都人の想像能わざるものあり」と記し、住人の心のよりどころにと神社創立の運びとなった。明治32年9月、地区中央に境内地を定め祠を設け天照大御神を祀り、翌33年拝殿を建て9月15日を例祭日とした。明治43年、基本財産として8・9ヘクタールの土地を寄附し、大正9年に無格社若松神社の創立を出願。大正11年11月3日許可されたので直ちに社殿改築の準備にかかり大正13年竣工、遷座祭を斎行している。その後、若干の外壁を補修改装して、現在に至っている。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。