八幡神社 (今金町)
【所在地】
〒049-4308
瀬棚郡今金町字今金603番地

電話 01378-2-0907
FAX 01378-2-0907

【例祭日】
9月20日
【祭神】
応神天皇(おうじんてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 35・3坪(116・5u)
【境内面積】 3569坪(11778u)
【氏子世帯数】 1,150世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR長万部駅下車函館バスにて国道5号線国縫を経て国道230号線今金下車徒歩3分
【由緒】
 明治29年、今金開拓移住者らが協議の上、郷土開発と敬神崇祖の美風作興の為神社創設を決議、今村藤次郎翁他数名発起の下に函館八幡宮より応神天皇・神功皇后の2柱を分霊奉斎し八幡神社を創立した。その後、明治40年12月12日神祇省より無格社神社として指定された。明治42年1月20日、旧社殿が造営され大正8年5月14日、内務省より村社に列せられ幣帛供進神社に指定される。昭和20年、郷社への昇格が内定されたが終戦により実現には至らなかった。昭和21年宗教法人設立。昭和13年参道階段、昭和27年社殿造営、昭和48年社殿・参集所・社務所が増改築される。平成8年御鎮座百年を記念し、社殿・参道階段・参集所・社務所等が増改築され、大神輿を金箔に修復した。平成9年御鎮座百年記念誌発行。平成18年御鎮座110年記念事業として社殿屋根葺替え、及び社殿外壁、及び床改修。
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】
豊年神社 水波能売大神・相馬神社 天之御中主命・鳥獣社 鳥獣靈

【その他】
北海道鳥獣保護区
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。