稲荷神社 (小樽市)
【所在地】
〒047-0265 
小樽市春香町291番地

電話 0134-22-7984
【例祭日】
6月第2日曜日
【祭神】
保食神(うけもちのかみ)
豊受大神(とようけおおかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 12坪
【境内面積】 450坪
【氏子世帯数】 200世帯
【崇敬者数】 50人
【交通機関】 小樽駅より札幌行バス春香下車3分
【由緒】
 元禄3年(1690)創立。明治2年再建。明治8年村社に列する。明治30年代の明細帳には「社殿間口三間奥行二間三尺この坪数六坪五合、境内百坪、信徒百三人」とある。明治の末に3人の篤志家より5町歩程の山林の寄付を受け基本財産とし、昭和10年にはトド松3500本の苗を植え管理する。昭和11年10月現在地に移転遷座する。昭和23年農地法により2町歩程の山林が政府に買収された。昭和28年宗教法人となる。昭和56年6月社殿を改修し、社務所を改築する。平成2年創立三百年式年大祭を執行する。平成12社殿改築、同年12月遷座祭を執行する。旧社殿と同じ様式ながら2坪増築し屋根を銅版にする。同時に御手洗いも改築する。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
和宇尻稲荷神社 豊受大神 天保7年8月創祀 昭和60年10月6日合祀
 
【社宝等】
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。