大江神社 (仁木町)
【所在地】
〒048-2402 
余市郡仁木町大江2丁目445番地

【例祭日】
9月8日
【祭神】
毛利敬親命(もうりたかちかのみこと)
毛利元徳命(もうりもとのりのみこと)
八幡大神(やはたのおおかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 27坪
【境内面積】 7,645,5坪(25,485u)
【氏子世帯数】 120世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 中央バス、ニセコバス大江農協前下車徒歩5分
【由緒】
 明治14年毛利元徳公、長洲の士民の移民開拓を志し子孫の繁栄と国土発展を祈念し毛利家の祖、大江広元の姓をとりて大江の里と定め、翌15年9月8日山口県萩周防及岩国の士民70戸350余名が移民開拓の初の鍬を入れた。明治20年5月17日村民は永く毛利家の恩沢を忘れず、これに報じ開拓の一大事業を御守護いただかんものと山口県周防国吉敷郡上宇田村、県社野田神社贈一位毛利敬親公の分霊を勧請し、後に従一位毛利元徳公を合祀し、産土神として尊崇してきた。これに先きだち明治18年には右神社の遥拝所を建設し明治20年に社殿を造営したものである。昭和54年現社殿を造営した。
 
【社宝等】
旧本殿(町指定・明治18年)
その他 仁木町指定文化財 樹木赤松15本
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。