恵比須神社 (古平町)
【所在地】
〒046-0121 
古平郡古平町大字浜町989番地

【例祭日】
9月第2日曜日
【祭神】
事代主神(ことしろぬしのかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 10坪(33u)
【境内面積】 108坪(356,4u)
【氏子世帯数】 520世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR余市駅前より中央バスにて30分古平浜町停留所下車徒歩3分
【由緒】
 弘化4年(1847)、古平場所支配人城川長治郎の時、浜町遺跡の丘に恵比須神社を創建し、八重事代主命を奉祀した。明治8年、村社に列せられ、8月20日を例祭日とした。明治29年、恵比須神社を郷社琴平神社の西宮とするため有志5名が発起人となり金300円を募金し、明治30年8月腐朽甚だしかった社殿を改築した。大正14年、浜町1117番地の三山神社を合祀の際、神輿を始め祭具も譲られ、その後例祭時に神輿渡御が行われるようになり、例祭日も9月20日とした。昭和21年、宗教法人となる。昭和43年、境内の稲荷社を合祀し、稲荷社の建物を修理し神輿殿とした。
 
【社宝等】

【特殊神事】
御例祭に氏子区域の神輿渡御を終え宮入りする前に琴平神社同様、境内の中央に燃やす篝火の炎の中を猿田彦、神輿の順に3度ずつ清めの火渡りをする神事がある。
【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。