前田神社 (共和町)
【所在地】
〒048-2201 
岩内郡共和町前田ロ300番地

電話 0135-62-0143
【例祭日】
9月8日
【祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
前田利家卿(まえだとしいえきょう)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 20坪
【境内面積】 3,000坪
【氏子世帯数】 331世帯
【崇敬者数】 1,013人
【交通機関】 中央バス札幌小樽発岩内行「前田農協前」下車徒歩20分
【由緒】
 明治19年、新開地には住民の土着が第一の条件ということで、大谷地から木材を搬出、小校舎を建て移民の子弟に教育を授けると共に、移住者の土着心を喚起する目的で神社を建立したことに始まる。明治20年5月、西田三郎外3名が出願し、6月11日に創立許可を得たため、金沢市尾山神社の御分霊を受けて祀った。明治24年村社に列格した。同34年字起業社に3000坪の払下を出願し翌35年許可された。明治36年9月前田利為侯が前田村を訪れたが、その後明治40年4月5日暴風のため社殿が破壊し、前田侯より200円の寄附を得て10月10日社殿が再建竣工した。大正9年9月神饌幣帛料供進神社に指定され、同年10月天照大神を増祀した。昭和57年3月開基百年祭を斎行した。
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。