喜茂別神社 (喜茂別町)
【所在地】
〒044-0201 
虻田郡喜茂別町字喜茂別323番地

電話 0136-33-2246
FAX 0136-31-2151

【例祭日】
9月5日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 50坪
【境内面積】 8,766坪
【氏子世帯数】 780世帯
【崇敬者数】 175人
【交通機関】 札幌駅前より道南バス洞爺湖温泉行「喜茂別停留所」下車8分
【由緒】
 明治41年晩春の大旱魃に際し、初代社守大槻音吉斉主となり尻別山において天照大神・豊受大神を勧請し、7月3日より三日間断食祈雨神事を参修する。5日の夕方に雨降りしきり草木悉く蘇る。この神慈に礼謝せんと現在の社地に小祠を営み伊勢の皇大神宮より神璽を奉戴鎮座した。大正2年一時 市街地西端の丘上に移遷されたが、大正13年3月創立を出願、大正14年8月旧社地に御社殿を造営遷座された。昭和4年2月創立許可を得、同年5月8日に官幣大社出雲大社より大己貴神、国幣中社酒列磯前神社より少彦名神を奉戴合祀御鎮座祭を執行。昭和8年7月村社に列格同年9月神饌幣帛料供進神社に指定される。昭和16年6月旧社務所造営。昭和27年8月御社殿を焼失するが、昭和29年現在の御社殿再建遷座祭。昭和39年9月社務所改築、平成12年9月御社殿大屋根銅板葺替等改修工事並びに千木・勝男木の本金箔押し錺金具施工工事を実施し、遷座祭が営まれた。
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。