狩太神社 (ニセコ町)
【所在地】
〒048-1502 
虻田郡ニセコ町字本通218番地

電話 0136-44-2732
【例祭日】
9月10日
【祭神】
大己貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
保食神(うけもちのかみ)
埴安姫神(はにやすひめのかみ)
菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 25,7(84,9u)
【境内面積】 2,928坪(9,665u)
【氏子世帯数】 1,500世帯
【崇敬者数】 4,800人
【交通機関】 JR函館本線ニセコ駅下車徒歩15分
【由緒】
 明治29年開拓当時岩手県人松岡陸三の奉斎による。明治37年社地700坪を献じて神社(社殿)を建立す。大正4年11月5日神社創立を出願、大正5年5月許可を得て本神社の創立を見るに至る。大正14年7月21日社殿改築の許可を得同年9月7日現在の神明造に社殿落成。その後村民の崇神年毎に篤く基本財産造成境内地拡張により大正15年8月22日村社に列格。昭和3年9月7日神饌幣帛料供進指定神社となる。終戦後国家管理をはなれ、昭和28年宗教法人となり現在に至る。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
菅原道真公 昭和17年9月合祀
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。