熱郛神社 (黒松内町)
【所在地】
〒048-0134 
寿都郡黒松内町字白井川8番地142

電話 0137-2-4351
【例祭日】
9月15日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 15坪(49,5u)
【境内面積】 997坪(3,297u)
【氏子世帯数】 150世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR函館本線熱郛駅下車徒歩10分
【由緒】
 開拓の当時は、集団で移住して来た人たちが、各所で守護神を祀っていた。白井川の稲荷神社・角十神社・赤井川神社・共心神社・大谷地神社などがそれで、これを大正10年に統合し、これが熱郛神社の始まりという。初めは現在の中学校の裏手に祀ったが、橋が流されたりして不便な点から大正13年に現在の場所に移された。その後昭和13年に社殿が改築された。昭和17年ごろから村社昇格の運動が始められたが、戦争のため中絶された。昭和22年宗教法人となった。熱郛神社は統合以来当地区の守護神として祭られ、祭日を9月15日と定め、色々な行事が行われて来たが、昭和25年黒松内の守田氏を招き踊山の教えを受けて以来、年々盛んになり、現在に至っている。
 
【社宝等】

【特殊神事】
松前神楽式
【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。