大鳥神社 (黒松内町)
【所在地】
〒048-0101 
寿都郡黒松内町字黒松内463番地

電話 0136-72-4351
FAX 0136-72-4351

【例祭日】
8月26日
【祭神】
日本武尊(やまとたけるのみこと)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 31,7坪(104,7u)
【境内面積】 575坪(1,900u)
【氏子世帯数】 650世帯
【崇敬者数】 700人
【交通機関】 
【由緒】
 当神社は今から凡そ147年ほど前に朱太川(現在は緑橋附近で黒松内発祥の地碑跡)に創祀されたのがはじまりであるといわれている。御祭神は日本武尊で松前藩の花岡利右衛門の邸内に建立されていた小祠を、地元住民が協議のうえ出願し、明治9年村社に列せられた。明治39年3月23日、旧境内地80坪のうち8坪を北海道鐡道株式会社へ売却の追認を出願し同年5月21日許可される。明治44年には境内地が狭く社殿の老朽化が進んだので協議の結果、花岡利吉所有地へ移転新築を出願し翌年7月30日には許可を得て奉遷された。大正3年9月5日、神社財産の畑1畝3歩を鉄道敷地として売却が認可される。昭和9年8月31日には神饌幣帛料供進神社に指定され、9月24日には新社殿が落成した。
 
【社宝等】

【特殊神事】
松前神楽式
【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。