岩見沢神社 (岩見沢市)
【所在地】
〒068-0032 
岩見沢市12条西1丁目3番地

電話 0126-22-0180
FAX 0126−23−6955

【例祭日】
9月15日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
【旧社格】
県社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 67坪(220・6u)
【境内面積】 4,061坪(13,426u)
【氏子世帯数】 24,000世帯
【崇敬者数】 100人
【交通機関】 JR岩見沢駅より2q徒歩20分 市内循環バス市役所前下車徒歩2分
【由緒】
 明治17・8年の両年にわたり、山口・鳥取等12県の士帰農者277世帯が開拓に入地、18年秋8月総入地を機会に今の元町幾春別川左岸に多数の村民が参加して神祭を行ったのが当社の始めである。翌19年小祠を建て心の寄り所として氏神祭を最大の年中行事とし、人心の安定の下に着々開拓の歩を進め今日隆盛の基礎をつくった。29年の大火により社殿も焼失したが翌30年敬神家石黒長平より1800坪の寄進を受け現在地に造営、9月14日2代目社殿の上棟祭を挙行、爾来9月15日を例祭日とす。明治39年に東向に新殿を造営境内も次々と拡張し、昭和7年県社に列格と共に4代目社殿の造営をみる。昭和56年創祀95年に際し北海道初の薪能を奉納、昭和61年創祀百年を奉祝し耐火構造の社殿・社務所を造営し盛大に奉祝祭を斎行し、その後手水舎・石玉垣も新造しいよいよ崇敬の実も上っている。
 
【社宝等】
第59回式年遷宮撤下神宝 1,梓御弓 2,御鏡 3,革御靱
その他 開村記念「岩見沢紀碑」 市
岩見沢神社「環境緑地保護地区」 道

【特殊神事】

【境内外末社】
相馬神社(そうまじんじゃ) 天御中主神
幌向神社(ほろむいじんじゃ) 天照大神
志文神社(しぶんじんじゃ) 天照大神
上幌向神社(かみほろむいじんじゃ)天照大神
八幡大神
赤川神社(あかがわじんじゃ)天照大神
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。