班渓神社 (芦別市)
【所在地】
〒075-0018 
芦別市常磐町564番地

電話 0124-22-5731
【例祭日】
9月7日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【拝殿様式】
 流造

【社殿面積】 17坪
【境内面積】 1,093坪
【氏子世帯数】 150世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR根室本線芦別駅下車、車で10分
【由緒】
 明治27年、入植者須賀重三郎が所有地(現在地)を600坪程提供し、郷里から天照大御神の御分霊を戴き奉斎したことに始まる。当時、下班渓神社と称していたこの神社は明治33年に修築、同37年9月に改築された。大正4年9月、御神鏡が寄進される。昭和9年、開拓40周年を記念して神社の昇格を請願、2年後の昭和11年11月20日に無格社、翌月の12月24日には村社に列せられる。これを記念して翌12年には石造りの大鳥居が寄進されている。同27年10月、神社の大修理を行い基礎を替え、同42年には社殿の老朽化が進み改築を決定、6月19日より着工し8月3日には落成した。
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。