栗澤神社 (岩見沢市)
【所在地】
〒068-0124 
岩見沢市栗沢町幸穂13番地

電話 0126-45-2039
【例祭日】
9月18日
【祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
応神天皇(おうじんてんのう)
大國主命(おおくにぬしみこと)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 71・7坪
【境内面積】 3,615坪
【氏子世帯数】 1,600世帯
【崇敬者数】 2,300人
【交通機関】 JR室蘭本線栗沢駅下車徒歩5分
【由緒】
 開拓の鍬がおろされ、戸口がふえて近在の人々が話を交わす機会が出来てくると、きまって話題になるのが、遠き故郷の神社のことであった。当地は、滋賀県からの開拓移住の団体が始まりで、必成社農場の地であり、その事務所跡地に、滋賀県知事の贈名により「幸穂神社」として、明治30年に創立された。その後、明治45年に栗澤神社と改称し、現在に至る。
 
【社宝等】
道から境内地が環境緑地保護地区に指定される。
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。