茂世丑神社 (岩見沢市)
【所在地】
〒068-0114 
岩見沢市栗沢町字モセウシ577番地

電話 0126-22-0180
【例祭日】
9月13日
【祭神】
大己貴神(おおなむちのかみ)
天活玉神(あめのいくたまのかみ)
五十猛神(いそたけるのかみ)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 6.2坪
【境内面積】 300坪
【氏子世帯数】 12世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 道々三笠栗山線「茂世丑神社前」下車(中央バス)
【由緒】
 入地の当時、富山県人斉藤吉左ヱ門・小川孫吉・伊藤清作氏等がその郷里の富山県東砺波郡北野村鎮座枯木天神(京都府北野神社の御分霊)並に高瀬神社(高瀬村鎮座県社一宮)の御分霊を勧請、明治40年3月25日創立したもので、明治41年8月20日落成届を為し今日に到る。例祭日9月13日、他に新年祭、春祭、新穀感謝祭を斎行する。
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。