三笠神社 (三笠市)
【所在地】
〒068-2166 
三笠市萱野193番地

電話 01266-7-2714
【例祭日】
9月5日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
大国主命(おおくにぬしのみこと)
大山祇命(おおやまつみのみこと)
鹿屋野姫命(かやぬひめのみこと)
【旧社格】
無格社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 34・8坪
【境内面積】 165坪
【氏子世帯数】 90世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 中央バス
【由緒】
 札幌の請負業中川源左衛門が道庁勧業課の事業として、岩見沢東部入殖者用に市来知川からの水道工事をした際、取水口付近に社祠を建立し、水天宮(一説に天満宮)を祀ったことに始まる。明治20年、工事は通水を見ないで失敗に終り、社祠は荒廃したままであった。明治25年、松並左七郎・前田重兵衛ら入殖者が萱野に移して、鎮守の萱野神社として祀った。後に天照大神を増祀し、昭和3年新たに社殿を造営した。
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。