雨竜神社 (雨竜町)
【所在地】
〒078-2600 
雨竜郡雨竜町字満寿32番地

電話 0125-78-3860
【例祭日】
9月15日
【祭神】
蜂須賀家政公(はちすかいえまさこう)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
松平康長公(まつひらやすながこう)
応神天皇(おうじんてんのう)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 35坪
【境内面積】 692坪
【氏子世帯数】 850世帯
【崇敬者数】 3,750人
【交通機関】 JR滝川駅からJRバスで20分徒歩
【由緒】
 雨竜神社は、開拓の初期明治22年組合華族農場設立に発し、その後蜂須賀農場の移住氏が協議し、蜂須賀農場中興の祖家政侯を祭神とする徳島県徳島市鎮座の県社・国端彦神社の御分霊を明治29年9月27日境内地に奉遷し、蜂須賀農場守護神として祭儀を執り行ったのが本社の創祀である。明治14年4月4日公認を得て、更には大正4年主神を天照皇大神とし、又戸田農場の戸田家中興の祖松平康長侯を増祀し、当時の村社雨竜神社と改称され大正34年に郷社に昇格され今日に至っている。
 
【社宝等】
刀(町指定・「藤原山城守歳長作の御神刀」)
【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。