真龍神社 (北竜町)
【所在地】
〒078-2512 
雨竜郡北竜町字和1番地17

電話 0164-32-2220
【例祭日】
9月10日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
八幡大神(はちまんおおかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 81.54u
【境内面積】 3.700u
【氏子世帯数】 500世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR函館本線妹背牛駅下車、JRバス・中央バス和市街停留所下車
【由緒】
 千葉県からの入植者たちは、明治26年に和35番地3に木柱を建て天照皇大神、八幡大神を奉斎、5年後の31年には2坪の社を建立、郷里の神社より正式に御分霊を戴き奉斎した。渡辺農場、三谷農場、和川端の各地区にもそれぞれ神社が建立されていたが、大正10年8月、敷地と一部造営費用の寄附を条件として和神社境内に建立するということで合併を決定、翌11年に4社を合祀し社殿を元和神社の境内地に建立、社名を真龍神社とした。大正13年11月15日、無格社として公認され、昭和2年1月14日には村社に昇格している。同19年11月25日、社務所を改築した。現在神社には千葉団体長であった吉植宗之輔揮毫の「和神社」、開拓団長、商工政務次官で子の吉植庄一郎揮毫の「真龍神社」の扁額、また代議士であり田園歌人として有名な孫の吉植庄亮揮毫の額、吉植家3代の筆跡が残されている。
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。