豊正神社 (岩見沢市)
【所在地】
〒068-1200 
岩見沢市北村字石狩川沿147番地5

電話 0126-53-2872
【例祭日】
9月8日
【祭神】
手力男命(たぢからおのみこと)
大国魂神(おおくにたまのかみ)
大那牟遲神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 17坪(56.1u)
【境内面積】 900坪(2,970u) 
【氏子世帯数】 167世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 岩見沢より中央バスにて豊正小学校前下車徒歩5分
【由緒】
 明治31年2月開拓者新潟県人(代表吉川栄蔵)外数多移住し、神社建立を計画し信州戸隠神社の御神霊を受け石狩川沿岸に祠を建て開拓守護の神社として祀る。地名豊正の名を取り豊正神社とす。一方昭和3年日野農場地区の発展に伴い場民一同神社の建立相謀り祠を建て札幌神社の分霊を奉遷し、日野神社と命名祀って居たが、昭和29年両地区住民相寄り議り神社合祀の機運高まり昭和31年9月12日新社殿を建築し同日遷座し、先人がお祀りした豊正神社の祭神を主祭神とし現在に至る。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
日野神社 大國魂神 昭和3年創祀 昭和31年9月12日合祀
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。