上幌神社 (岩見沢市)
【所在地】
〒068-0112 
岩見沢市栗沢町上幌351番地

電話 0126-22-0180
【例祭日】
9月13日
【祭神】
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
天活玉命(あめのいくたまのみこと)
大國主命(おおくにぬしみこと)
八幡大神(はちまんおおかみ)
白山比淘蜷_(しらやまひめのおおかみ)
菅原道眞公(すがはらのみちざねこう)
【旧社格】
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 16.5坪
【境内面積】 500坪
【氏子世帯数】 80世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 道々三笠栗山線農協前(中央バス)バス停
【由緒】
 明治29年来、開拓移住と共に奉斎していた地区内の6社を、昭和35年遷座合祀して新に上幌神社を創建し、翌36年宗教法人として承認登記し、例祭日を9月13日とした。昭和35年上幌連合会(会長松下数政)の決議により、栗沢町有林2町6反余を買受け、工費100万円にて社殿16坪半を新築竣工し、翌36年法人登記承認された。例祭の他、新年祭、厄祓祭、春祭、蟲祭、地神祭、新穀感謝祭を斎行す。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
八幡神社 八幡大神 明治30創祀 昭和35年9月13日合祀
中宇神社 天児屋根命 明治29年創祀 昭和35年9月13日合祀
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。