上芦別神社 (芦別市)
【所在地】
〒079-1371 
芦別市上芦別町173番地

電話 0124-22-5731 (蘆別神社内)
【例祭日】
9月3日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
【旧社格】
【社殿様式】 流造
【社殿面積】 
【境内面積】 1,983u
【氏子世帯数】 1,000世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR根室本線上芦別駅下車徒歩5分
【由緒】
 明治29年か30年頃、上芦別に入植し農場を開いた京都殖民協会が京都から天照大神・春日神社・大山祇命を奉斎したことに始まる。大正2年、京都殖民協会農場を買い取った三菱鉱業は、この神社をそのまま山神として、鉱山の神社とした。大正5年、神社を里山山麓に奉遷、毎年盛大に山神祭を斎行していたが、地元住民も参加していたので、何時しか上芦別の郷土の神社となっていった。昭和5年、三菱炭鉱が閉山すると地元の人々によって祀られ、同24年の再開さらに39年の閉山と、祭典が行われなくなった。同45年、国道38号線の路線変更等があり崇敬対象のなくなった住民は、新たに現在地に社殿を新たに建立し神宮より御分霊を戴き、天照大御神を奉斎し現在に至っている。
 
【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。