上川神社 (旭川市)
【所在地】
〒078-8327 
旭川市神楽岡公園2番地1

電話 0166-65-3151
FAX 0166-65-3152

【例祭日】
7月21日
【祭神】
天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)
大己貴大神(おおなむちのおおかみ)
少彦名大神(すくなひこなのおおかみ)
豊受姫神(とようけひめのかみ)
大物主神(おおものぬしのかみ)
天乃香久山神(あめのかぐやまのかみ)
建御名方神(たけみなかたのかみ)
譽田分命(ほんだわけのみこと)
敦實親王(あつざねしんのう)
鍋島直正命(なべしまなおまさのみこと)
黒田清隆命(くろだきよたかのみこと)
永山武四郎命(ながやまたけしろうのみこと)
岩村通俊命(いわむらみちとしのみこと)
【旧社格】
県社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 105.6坪(349.1u)
【境内面積】 15,380坪(50,754u)
【氏子世帯数】 68,688世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR旭川駅より旭川電気軌道バス 82番南高行、上川神社前下車5分、同駅前より車で10分
【由緒】
 明治26年7月15日上川地方開拓守護の神、旭川の鎮守として市街予定地「に」通4丁目から7丁目に至る義経台即ち現在の宮下通4丁目より7丁目に至る地に、天照皇大御神1柱を奉祀したのを創祀とし、同31年7月6、7条通8丁目に奉遷、更に同35年12月宮下通21丁目に奉遷。翌36年1月26日創立許可せられ同37年7月に大己貴大神、少彦名大神2柱を合祀し、同39年11月26日村社に、同40年6月1日神饌幣帛料供進神社に指定され、大正2年11月14日に明治39年8月27日創立公認の無格社近文神社を合祀、同4年6月29日郷社に、同12年12月18日県社に昇格、同13年6月6日現社地神楽岡に奉遷した。昭和21年7月16日宗教法人神社本庁に属し、同年10月2日宗教法人令による法人となり、同29年4月16日宗教法人法による法人となった。同30年7月1日神社本庁別表神社に指定された。平成4年上川地方開拓に功労のあった岩村通俊命を合祀、同5年7月御創祀百年祭を斎行した。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
無格社近文神社 天照大御神、大己貴神、少彦名神、豊受姫神、大物主神、天乃香久山神、建御名方神、譽田分命、敦実親王、鍋島直正命、黒田清隆命、永山武四郎命 明治39年8月27日創祀 大正2年11月4日合祀
 
【社宝等】
掛軸(2)
御小直衣
御鏡
御鉾(2)
御楯(2)
刀剣(応永29年3月)

【特殊神事】
1月7日 火鑽神事
神楽舞
獅子舞
【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。