愛別神社 (愛別町)
【所在地】
〒078-1404 
上川郡愛別町字北町348番地

電話 01658-6-4096
FAX 01658-6-4098

【例祭日】
6月25日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)
邇邇藝命(ににぎのみこと)
穂穂手見命(ほほでみのみこと)
鵜葦草葦不合命(うがやふきあえずのみこと)
火産霊神(ほむすびのかみ)
彌都波能賣神(みずはのめのかみ)
埴山姫(はにやまひめ)
和久産巣日神(わくむすびのかみ)
天手力男神(あめのたぢからおのかみ)
速玉之男神(はやたまのおのかみ)
事解之男神(ことさかのおのかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 47.5坪(137.0u)
【境内面積】 2,536坪(8,370u)
【氏子世帯数】 1,500世帯
【崇敬者数】 28人
【交通機関】 JR石北線愛別駅より徒歩15分、道北バス旭川より層雲峡行き愛別橋下車徒歩3分
【由緒】
 明治28年、金富農場に祠を建立したことに始まる。明治42年、愛別村の産土神として現在の地蓬莱山に社殿を建立し熊野神社と称する。大正4年、和歌山県田辺町鎮座の県社「闘鶏神社」より御分霊を戴き『愛別神社』と称する。昭和4年、創立許可される。昭和5年、村社に列格する。昭和6年、神饌幣帛料供進神社に指定される。昭和14年、愛別神社御造営工事竣工する。昭和28年に宗教法人愛別神社となる。昭和49年には御社殿3道を改修。昭和63年、御社殿玉垣を建設し境内を整備する。平成3年、御大典記念事業として社務所新築。平成5年、皇太子殿下御成婚記念として第一大鳥居を建立した。平成10年、御創祀90年を迎える。
 
【社宝等】
蓬莱環境緑地保護地区〜昭和55年8月指定・北海道
【特殊神事】
岐阜獅子神楽〜愛別町無形文化財指定
【境内外末社】

(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。