遠別神社 (遠別町)
【所在地】
〒098-3543
天塩郡遠別町字本町5丁目13番地

【例祭日】
7月15日
【祭神】
建御雷神(たけみかつちのかみ)
経津主神(ふつぬしのかみ)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
比賣神(ひめかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 43・2坪(142・2u)
【境内面積】 40006坪(132020u)
【氏子世帯数】 1,395世帯
【崇敬者数】 2,500人
【交通機関】 沿岸バス遠別停留所徒歩5分、遠別営業所徒歩15分
【由緒】
 明治中頃富山県人泊勝太郎が神宮大麻を洞窟に安置し、祭祀するを嚆矢とする。大正4年奈良春日神社の御分霊を奉斎して10月31日遷座祭、大正11年8月25日社殿建設、昭和2年5月5日遠別神社創立許可。昭和6年10月15日村社に列せられた。同7年8月25日神饌幣帛料供進神社に指定。同13年10月14日正遷座祭執行(現社殿) 同28年2月16日宗教法人認証。平成元年6月30日神社改修工事完成。同2年7月1日第6期神社振興対策指定神社。同3年9月24日参道舗装。同5年6月30日御神輿庫祭具庫完成。同5年7月1日第7期神社振興対策指定神社。同6年6月28日参道ブロック張完成。同8年7月1日第8期神社振興対策指定神社玉垣竣工。
【社宝等】
神輿(3番型)(昭和27年7月)
【特殊神事】

【境内外末社】
彰功碑 護国の英霊 開拓、自治、各功労者
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。