北門神社 (稚内市)
【所在地】
〒097-0022
稚内市中央1丁目1番21号

電話 0162-22-2944
FAX 0162-22-2945

【例祭日】
7月5日
【祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
武甕槌神(たけみかづちのかみ)
事代主神(ことしろぬしのかみ)
【旧社格】
郷社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 74.0坪(244.2u)
【境内面積】 3,131坪(10,331u)
【氏子世帯数】 18000世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 JR宗谷本線稚内駅より徒歩15分
【由緒】
 天明5年、松前藩の請負人村山伝兵衛が宗谷在駐の際、北門鎮護の守護神として天照皇大神を奉斎し、小社を建立して、宗谷大神宮と称したことが創始として伝えられる。明治29年7月15日現在地に社殿を移築し、武甕槌神、事代主神を合祀して、北門神社と称した。明治35年11月19日に社殿を竣工したが、明治44年5月17日、稚内町山火のため建物全般消失した。大正2年7月30日、本殿拝殿再建落成の上遷座祭が斎行され、大正5年3月24日、村社に昇格した。大正14年2月24日、社務所建物が寄進され、昭和8年9月30日、郷社に列せられた。昭和53年10月、社殿及び神輿殿が竣工し遷座祭が斎行された。昭和54年10月、社務所を改築竣工した。平成8年6月25日、授与所新築した。
【社宝等】
神輿(「六角型」昭和24年製作奉納)
【特殊神事】

【境内外末社】
三吉神社(みよしじんじゃ) 三吉大神(みよしのおおかみ)・稲荷神社(いなりじんじゃ) 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。