礼文神社 (礼文町)
【所在地】
〒097-1111
礼文郡礼文町大字船泊町字ヲションナイ406番地

電話 0163-86-1852(厳島神社 内)
FAX 0163-86-1852(厳島神社 内)

【例祭日】
7月9日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
大海積大神(おおわたつみのおおかみ)
事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 30坪
【境内面積】 607.8坪
【氏子世帯数】 395世帯
【崇敬者数】 
【交通機関】 ハートランドフェリーにて香深港フェリーターミナル港より車にて20分
【由緒】
 文久3年青森県人秋田佐吉及田中太四蔵等が、本村茂尻湖(現久種湖)の主神として大沼神社と称し、湖畔の一隅に小祠を建築し崇拝された。後に、船泊村の人口増加に伴い村民は、この神社を氏神と仰ぎ崇敬したが、祭神が不詳であった。明治32年に天照大神、大海積大神、事代主大神を奉祀し、礼文神社と改称、同年11月5日創立出願、同34年1月31日創立許可される。同36年1月現在の地へ社殿新築落成し、遷座奉斎す。大正15年5月12日村社に列し、神饌幣帛料供進神社に指定される。昭和21年8月1日宗教法人となる。昭和27年6月28日、神輿新調する。旧神輿は、浜中神崎神社へ譲渡される。昭和48年7月10日、御社殿改築落成とともに、遷座奉斎され現在に至っている。
【社宝等】

【特殊神事】


【境内外末社】
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。