置戸神社 (置戸町)
【所在地】
〒099-1100
常呂郡置戸町字置戸283番地

電話 0157-52-3566
FAX 0157-52-3565

【例祭日】
9月18日
【祭神】
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
【旧社格】
村社
【社殿様式】 神明造
【社殿面積】 107.73u
【境内面積】 
【氏子世帯数】 800世帯
【崇敬者数】 1,200人
【交通機関】 北見バスおけと停留所より徒歩5分
【由緒】
 置戸神社は大正3年10月14日、岡村八十一・川村良平・上田喜太郎・清水三吉・瀬谷博治らが発起人となって、現こじか保育園の所に祠を建立、伊勢神宮の御分霊奉戴をもって創祀としたが、この地は土地が低く湿地帯であるので適地ではないとして、同11年6月14日拓殖線路の沢高台に移遷し、祭祀を行っていた。しかし、この場所も市街地に遠く、管理に適切を欠き、建物も荒廃してきたということで、昭和5年神社創立に関する会議を開き、鎮座地を置戸橋向いの現神社地に決定出願し、9百坪の無償使用許可と神社創立許可願が承認された。同6年1月の村会で村長は『一村ノ鎮護神トシテ崇メル祭神ガナイノデ村民ノ思想ニ一致ヲ欠キ、信仰ノ中正ヲ失フ様ナ傾ガアルノデ、歴代理事者ハ村社ノ建設ニ腐心シテ今日ニ至リマシタ。昨年12月ニ内務省ヨリ創立許可ノ指令ガアリ茲ニ建設ノ機運ニ至リ云々』と報告し、同6年6月14日遷座祭を斎行している。昭和41年に社務所を新築。平成10年、置戸神社氏子総代会と置戸町神道会が老朽化してきた御社殿の御造営を決断、同11年3月に社殿御造営奉賛会を設立、同5月に着工した。木造平屋建て、鉄筋コンクリート基礎、銅板一文字葺き屋根の神明造連結社殿が同年11月に完成、遷座祭が斎行された。翌12年2月に記念式典並びに落成祝賀会を挙行。翌13年も、境内整備、階段、手水舎、授与所、廃水改修など継続事業として行われ、同13年度末に一連の事業が完成。

合併により合祀された歴史をもつ御祭神
川南神社《かわみなみじんじゃ》 天照大神・白髪神社《しらかみじんじゃ》 春日神社《かすがじんじゃ》 天之御中主大神 倉稲魂大神・三春神社《みはるじんじゃ》 天照大神 豊受大神
神職名簿 1,宮司 藤川 伸生 2,権禰宜 藤川 尚史
境内外摂末社 山の神《やまのかみ》(石碑) 久々能智神 大山祇神 五十猛神・忠魂碑《ちゅうこんひ》 置戸町内出身の英霊(199柱) 三吉神社


【社宝等】

【特殊神事】

【境内外末社】

【HPアドレス】
http://oketo-kami.jimdo.com/
(c) 2003 All right reserved Hokkaido Jinja-cho
本サイト内における情報・画像等の無断使用を禁止致します。